(Photo)

2016年1月20日。

去年の暮れに撮影したチャンヘのライブに行ってきましたー!

彼の歌は、何回も聴いたことあったのですが、ソロでの歌声を聴いたのは初めてでした!

結論、圧倒されました。

一緒に行ったゆきちゃんは彼のファンになりましたね。はい。

セトリは忘れてしまいました。すいません。

中2曲程、韓国語の歌もあり、最後はAIのハピネスで締めくくりました!

聴かせる歌、圧倒的な声量、歌声の響きが地面伝って心臓にまで伝わってきました!

これからも、シンガーとして頑張っていくそうですので、応援しています。

ちなみに彼、大久保の韓国料理で働いているそうです!

(Photo)

ライブ終了後、何度か洋服を買ったことのある幕張429へ。

429さんのFBにはいっつも素敵な洋服などなどがアップされていて近くに寄った時は!!!!と思っていたのですが、なかなか行くタイミングがなくて、今回行けてよかったです。

そこに珍しいランニングシューズが展示されていて、店主のあっきーさんにそのシューズの特徴を聞いたところ、なんとフォアフットランニングなるものが見直されていて、それに合わせたシューズがあると!!

高校時代に駅伝部で今も少し走っている僕でも見たことないnewtonというメーカのシューズ。。。

なにやら走り方にはフォアフット走法(つま先着地)、ミッドフット走法(足の裏全体着地)、ヒールストライク走法(かかとで着地)に分けられていると。

そして、今売られているランニングシューズは主にヒールストライクを前提にして作られているものが多く、実際にランナーもかかとから着地している人が多いそうなんです。

しかし、最近はフォアフットが見直されており、下半身へのダメージも少ないと研究で分かったそうなんですよ。

これは初耳。

このシューズを使うに当たっては注意点もあるみたいです。

多くの人はかかとから着地する為、多くのメーカーのシューズはかかとにクッションが内蔵されています。

しかし、フォアフット走法用のシューズには、そのクッションがないそうですので、しっかりとしたフォーム矯正が必要になってくるそうです。

また、それを知らずにフォアフット用のシューズをヒールストライクのまま使用すると肉離れなどの怪我になるそうです。。。

そして、家に帰ってあとで自分の走り方を意識してみたところ、どうやらフォアフットに近い状態になっていました。いやー欲しい。

とそんな話をして話が脱線。

カメラマンとしてやっているという話を店主のあっきーさんにしたところ、、、

お店のバックスペースで幕張のPhotogenicの吉田英央さんがいるよ!!!との。。

初対面ながらとても参考になるお話をたくさんいただきました。(秘密w)

そんなこんなで、一緒に行ったゆきちゃんが挽いた邪念入りの429特製コーヒーをいただきながら楽しい時間を過ごすことができました。

ちなみにゆきちゃんはバレエの衣装製作をしているのです。

1着1着手作業で作っていてとても素敵な衣装を作っています。↓ 衣装製作:藤平由紀

興味ある方や衣装製作希望の方はyuki_makes_tutuをインスタグラムで検索!

(Photo)

しかも、この日は午前中にプロのメイクをしてもらったそうで。

もともとゆきちゃん綺麗なんだけど、メイクパワーで特別にオーラを放っているようでした。

ゴージャスでとっても大人の女性でした。

メイクだけじゃないけど、メイクが素晴らしいと雰囲気ってとっても変わるんだなって改めて。

綺麗。。。。!!

(Photo)

とまぁ長くなりましたが、幕張は本当にいいところ。

429さんみたいに最高な場所もあれば、いろんな出会いもある(それはどこでも一緒ですが)

でも、町ってそこに合う人、合わない人あると思うんですよね。

んで、幕張は僕にとって聖地みたいなw

海浜幕張の潮風を受けながら、時にはベイタウン周りを走り、大学でライブ見に行く日もある。

本当に大好きな場所です。

幕張移住計画!ですね。

では。

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image