〜魅惑の50mm F1.8の世界〜

SONYFE 50mm f/1.8

まず、写真とは光である。

その光を取り入れるのは、レンズである。

カメラはあくまでも、その光をデジタルに変換して、記録するもの。


僕の好きなレンズは常に”50mm F1.8″である。

それは、軽くて安くて、何より画質がいいからである。

①最高に軽い

まず、レンズにおいて軽さというのは重要な要素だと思う。それは、カメラですら600グラムや下手すれば900グラムもあるのに、600グラムもあるレンズを付けてしまうと気軽にスナップではなくなってしまうからである。

よく聞かれるのが、「どのカメラを買ったらいい?」とか、「Canon? Nikon? Sony?」とか聞かれるのだけれど、正直カメラはどれでもよくて、「まず50mm F1.8を買いなさい」と伝えているのも事実だ。

しかし、結局のところカメラを考えるときにまずボディーに目がいってしまうのはとても残念なことだ。

②そして、最高に安い。

この記事を書いている時点でアマゾンで¥27,720と他のレンズに比べて値段は安い。

実は僕自身はキャノンユーザーなのだが、キャノンの50mm F1.8はもっと安く¥14,920とかなり手を出しやすくなっている。

これは大事なことで、この値段で最高峰の画質が手に入るということは、誰にでもいい写真がとれるチャンスを広げてくれるということである。

 

③最後に、最高に画質がいい

カメラのレンズの内部は、ガラスで構成されている。

ズームレンズは、ズームをする為に何枚ものガラスで構成されており、重く高く、画質も低下してしまう。

しかし、単焦点レンズであれば、ズームをする必要はないのでガラスも少なく、安い値段でいい画質を提供できるのだ。

故に、仕事で単焦点が使えるシーンは極力この50mm F1.8を使用するようにしている。

本当に空気感が変わるのだ。

と、軽くて、安くて、画質がいいという3点ほど理由をあげましたが、「そんなこと言われても、写真見なきゃ分からねーよ」という方が大半だと思うので、当レンズだけをα7RⅢに装着して銀座-日本橋周辺を歩いてきました。

1/500 F2.8 ISO 50
1/200 F2.8 ISO 50
1/2000 F1.8 ISO 50
1/640 F1.8 ISO 50
1/800 F1.8 ISO 100
1/400 F2.8 ISO 50
1/2000 F1.8 ISO 100
1/3200 F1.8 ISO 50
1/500 F1.8 ISO 100
1/1250 F1.8 ISO 100
1/1000 F2.5 ISO 100

いかがでしょうか。

ズームレンズでは切り取れないような空気感までも見事に移していると感じます。

これを機会に皆さんも50mm F1.8レンズの魅力を体感してみてはいかがですか。

カメラ:α7RMⅢ

レンズ:SEL50F18F FE 50mm F1.8

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image