1, まずはじめに

僕の周りには一眼レフカメラやコンパクトデジカメ(コンデジ)を持っている方が多いです。
スマホのカメラの性能がよくなってきているこのご時世ですが、まだまだ「いい写真を撮りたい!」という方は、カメラを買われています。

ですが、それと同時に2〜3回使って、それ以降、その方がカメラを持ち出すのを見なくなってしまうこともあります。
原因としては、

①モードがありすぎでよくわからない
②意外と「いい写真」が撮れない
③あとでパソコンに取り込まないといけない為、面倒である

こんなところでしょうか。
もし、に当てはまるなら、この記事を読めば今より少しだけ思い通りに撮れるようになるかもしれません。

2, 写真の3大要素〜絞り・シャッタースピード・ISO感度〜

この↓の三大要素を見て、「なんのこっちゃ」と思われた方がほとんどかもしれません。
本来は、この3大要素があって写真がどのように撮影されるかが決まります。
簡単に説明すると、
①絞り=ボケ具合
②シャッタースピード=どのくらいのスピードでシャッターを切るのか(早ければ動きを止められる、遅ければブレる)
③ISO感度=電子的な感度(数値を上げれば明るくなり、下げれば暗くなる)
これらの3つの要素を元にカメラの明るさや写真の出来が変化します。

ただ、「いますぐ思い通りに撮りたい」、「明日、子供の運動会なんだよ、そんなことを全て理解している時間はない!」という方の為に、今回は「これを知れば明日にでも使える」という設定をお伝えします。
(後日、3大要素に関しては別途で記事を作成します)

モードの選択肢はたくさんあります。
オートモードやシーンインテリジェンスモード、おまかせモード、Av(絞り優先)、Tv(シャッタースピード優先)、マニュアルモードなどなど
メーカーによって呼び方も異なるし、数も多くわかりませんよね?
そこで、今回はとりあえずこれを使っておくといいモードをお伝えします。

3, Aモード/Avモード/絞り優先がオススメ


表記が色々とあるのですが、絞り優先モード(Avモード=Canon, Aモード=Canon以外のメーカー)がオススメです。
Aモード(Av、絞り優先モード)=どのくらいボケさせるのか、シャープにするのか
このモードはボケ度合いコントロールすることを優先するモードです。
ちなみに僕の撮影のほとんどがマニュアルモードかAモードです。
他のプロの方でも光量が変化する現場では、Aモードを使われている方が多いのではないでしょうか。

4,  作例と共に

まずは作例をご紹介します。
※左の写真の解説
F値を小さくf1.8に設定しボケるように設定した写真

※右の写真の解説
F値を大きくf13に設定し、画面全体にピントを当てた写真

いかがですか。この2枚の写真はf値が違うだけで、背景やピントがあっている部分が大きく違います。
ここからは、左上の写真のようにF値を小さくボケるように設定した作例をご覧ください。

以上↑が、f値低く(f1.4~5.6)して撮影した写真です。
どれもピントがあっている面が少なく、ピントがあっていない部分はボケているかと思います。
特にモノを撮る時は、背景と被写体を分離させることができて、写真の主人公を浮かび上がらせることが出来るのです。


それでは逆に、f値高く(f8.0~)設定するとどうなるのでしょうか、作例と共にご覧ください。

以上↑が、f値高くして撮影した写真です。
どれもピントが写真全体にあっておりボケている部分も少なくなっています。
特に風景などを撮る時は、全体のディティールをパリッと切り取れるます。

5, 具体的な設定について

具体的な設定ですが、F値という数字を上下させてコントロールします。
F値は低ければボケます(低い=F1.8~5.6)し、高ければ(F8.0~)画面全体にピントが合います
ボケ具合というのは、写真の印象を大きく決定する要素です。
写真の主人公をボカしたいのか、それとも画面全体にピントを当てたいのかでF値を決めましょう。
と言っても、「F値はどのくらいに設定すればいいんだから分からない!」という方が多いと思います。
以下の図は、F値(絞り)を変えるとどのように変化するかの図になります。

6, シーン毎の設定

「よし、Aモードがどんなものかはわかった。でも、暗いところで撮影したらブレたんだけど!どうなってるの?」ということが起きると思います。
そうなんです。Aモードで絞りの値を変えるだけだと、うまくいかない事もあります。
理由は、実は「絞り値」以外に、もう一つ選ばなくてはならないがあるのです。
それが「ISO感度」です。

暗いところで、ISOが低ければ、シャッターが遅くなります。
逆に、明るいところでISOが高ければ写真が白く飛んでしまいます。
そして、暗いところでISOをあげれば、暗いところで動いているものを撮影できますし、明るいところでも適切にISOを選べば手ブレを防げます。
ISO設定範囲は大体のカメラで100, 200, 400, 800, 1600, 3200, 6400, 12800~などと上げられるようになっています。
本当は、細かく「このような設定の時は、ここがこうで、、、」とお伝えしたいのですが、今回はあくまでも「簡単な」選び方を書いているので、シーン毎にどのような設定にすればいいのか「目安」をお伝えします。

運動会 暗めのカフェで食べ物 室内で対談 外で植物

天気:晴れ

設定:Aモード

絞り:f4~f5.6

ISO:200~800(晴れ), 800~1200(曇り)

光:店内の照明のみ

設定:Aモード

絞り:F2.8~F5.6

ISO:1200~3200

状況:窓から光が入っており、顔が明るい

設定:Aモード

絞り:F2.8~F5.6

ISO:2400(室内が明るい)~6400(室内が暗い)

天気:晴れ

設定:Aモード

絞り:F2.8~F5.6

ISO:200~400

シャッター速度は「1/1000秒」以上が望ましい

シャッター速度は「1/125秒」前後が望ましい

シャッター速度は1/160以上が望ましい

シャッター速度は1/250以上が望ましい

こうやって一覧にして書くと、「やっぱりわかりにくい!」となりそうですが、あくまでも皆さんが設定を変えるのは、絞り(f値)ISO2つだけです。
シャッター速度に関しては、この表と比較して遅すぎる場合は、ISOを上げてみてください(目安として、2016年以降のエントリー一眼レフはISO3200程が綺麗に撮れる範囲です。昔のものはISO1600も怪しいです)
ISOを上げすぎると写真がザラザラしてきますが、手ブレ写真より酷いものはありません。

7, 最後に

いかがでしたか?
要は、「絞り優先モード」が割と使いやすいよ!
「オートモードしか使っていなくて、思い通りに撮れない!と思っている方はぜひ試してみてね!」ということです!
絞り優先で、f値を下げればボケて、f値をあげればボケないけど画面全体にピントが合いやすくなります。

今回は、初心者の為の記事ということで、詳しい部分は省いて書きました。
今後も初心者の為の記事や、、シーン別の撮り方、今更聞けない写真のアレコレを記事化していきたいと思いますので、ぜひお楽しみに!


※CanonだけAモードのことをAvと表記しています。
理由はわかりませんが、AvとはAperture Valurの略です。

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image