1、はじめに

近年、スマートフォンの進化には目を見張るものがあります。
「手軽に撮れて、加工して、アップロードが出来る」なんて、とても便利ですよね。
これを読んでいる皆さんも、そんな便利さを享受している1人ではないでしょうか。

そうして、“写真って楽しいな”と感じ、”じゃあ、お金を出していいカメラを買ったら、そりゃいい写真撮れるんでしょ!”とカメラを買われる方も多くいると思います。

そうして、実際に撮ってみる。

しかし、こんなこと経験ありませんか?

“あれ、意外といい写真(思い描いた写真)が撮れないぞ”感じ、2~3回使ってみたものの、重いし持ち出すのが億劫になり、棚のディスプレイの一部になってしまう。

“高いお金出してわざわざ買ったのにと落胆するかもしれません。

それは一体なぜなんでしょうか。

答えは明確です。

スマホや一眼に限らず、写真の基礎知識がないから。
要は、“何で撮るか」よりも圧倒的に“どう撮るか」が大事なのです。

2、どうしたらいいのか

僕の周りにも、同じような方が多くいました。

ですが、ちょっとしたコツを伝えて、撮ってもらうと写真が大きく変わりました。

みんな口を揃えて言います。

「そういう視点で写真を考えたことなかった」と。

そこで、スマホで写真撮影する際の、必要な基礎知識をとは何か」を考え、伝えていこうと考えました。ここでまずお伝えしたいのは、カメラとスマホの違いです。
カメラは多くのボタンがあり、思い通りに様々な設定が可能で、イメージ通りの写真を撮影することができます。

カメラで写真の撮るまでの流れ

イメージを思い描く⇒カメラの設定をする⇒シャッターを押すとなります。
逆にスマホでの撮影は、スマホが自動で設定をしてくれて、シャッターボタンを押すだけで、写真が撮れます。

スマホで写真を撮るまでの流れ

①イメージを思い描く⇒カメラアプリを開く⇒シャッターを押すとなります。
僕は、スマホとカメラの違いをこう考えています。

  • スマホ:AT車
  • 一眼レフ:MT車
  • 車としては同じですが、この2つは大きく違います。

アクセルを踏めば、動いて、簡単に運転できるAT車と、クラッチ操作を必要としたり、整備にも気を使うMT車。

カメラも同様です。

写真を撮るという行為自体は一緒ですが、プロセスが異なります。
その為、よくある写真の基礎を学んでも、それは必要な事ですが、スマホで撮るには余計な情報です。

3、最後に

そこで、スマホで撮る際に必要な基礎だけを伝える「スマホ写真講座」を開催させていただくことになりました。

今まで、なんとなくスマホで写真撮っていたけれど、仕事でちょっと写真を撮らなきゃならない」という方や「普段からスマホで撮影していて、もっと上手くなりたい」という方に来ていただきたいと思っております。

この講座でお伝えする内容は、スマホだけではなく一眼レフコンパクトデジカメなどカメラを問わず使える基礎講座です。

なので、「写真が上手くなりたい」と思っている方なら誰でも使える内容です。今後、当HPでもスマホで写真を撮るにあたり必要な基礎というのは記事化していきます。

しかしながら、本講座に実際に参加していただき、直接お伝えして、やってみて、すぐにフィードバックが出来るというのは、Web上では達成できない大きなメリットだと思っております。

ぜひ興味があり、ご都合が合う方は参加お待ちしております。
詳細は以下になります。お申し込みはこちらから(リンク先の記事の下部分から申込み、当日現地で5000円支払い)

セミナー詳細

日時 2018年9月8日㈯
14:00〜16:00(約2時間)
場所 CASE Shinjuiku
参加費 ¥5,000
※CASE Shinjukuメンバーの方は¥4,000
※当日、現金払い
定員 最大10名(先着順)
セミナー内容
  1. いい写真とはなにか-10分
  2. 写真が暗くなる・明るく撮れる理由
    理論編:10分
    実践編:10分
  3. 写真を通して伝えたいメッセージを考える
    理論編:10分
    実践編:10分
  4. 写真を撮る上で気をつけること(構図、背景、ボケなど)
    理論編:30分
    実践編:30分
  5. 全員のビフォーアフターを見てみる
アクセス JR山手線、地下鉄東西線、西武新宿線「高田馬場駅」から徒歩1分

※開催場所「CASE Shinjuku」について

本講座は、高田馬場にあるコワーキングスペースの「CASE Shinjuku」さんで開催させていただきます。
CASE Shinjukuさんは、僕が参画している「Mikoshi Japan, Inc.」で利用させていただいているスペースになります。

「成長し続けるシェアオフィス」を掲げ、本講座をはじめ様々な方面で新しい取り組みを常にされています。
無人コンビニ600」の導入、高速Wi-Fiの提供USB-C対応のフィリップスモニター(258B6QUEB/11)の導入、各種勉強会へ場所提供など普段、利用していて常に変化を感じられようなスペースです。
スタッフの方々もとても温かく、スペースとして居心地がいいです。

コワーキングスペースと聞くと、「プログラマーがいるイメージだし、私はあまり関係ない。使ったことないからよくわからない。」と思われるかもしれませんが、CASE Shinjukuさんは様々な業種の方がいます。
一例をあげると、漫画原作者さん、イラストレーターさん、起業支援系の方、プログラマーさん、デザイナーさんなど幅広い業種の方が利用されています。

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image