iPhoneやMacBookなどを購入すると付いてくる充電器。

iPhoneは2年毎に買い換える人なんかは充電器が家の中にいくつも転がっているのではないだろうか。

またMacbookも数年使うと本体、充電器共に寿命がくる。本体は買い替えたが充電器は古いのを使っている、または本体より先に充電器が使えない状態になってしまった、なんて方もいるのではないだろうか。

今回はAnker社から2月19日に発売された「次世代の充電器」とも言える充電器「Anker PowerPort PD 1」を手に入れることが出来たのでご紹介する。

お詫び

今回紹介している商品は、現在Amazon.co.jpでは「在庫切れ」となっています。
Anker社の発表では公式オンラインショップ、Amazonと同時に一部家電量販店等でも販売開始したようです。

最新の在庫情報はAnker Japan公式ページやAmazon.co.jpの商品ページをご覧ください。
Anker Japan HPはこちら
Amazon商品ページはこちら

PowerPort PD 1とは?

Anker社が新しく発売した「PowerPort PD 1」とは、昨年の11月29日に発表された次世代型の充電器である。

従来の充電器は、内部にシリコンを使用していたが本商品から「GaN(窒化ガリウム)」という半導体素材を利用している。
このGaNを使用することによって”小型化” ”高エネルギー効率” ”耐圧性”を実現することが可能となっている。

【参考】
GaNについてはこちらのブログで詳しく紹介されているので、ぜひ一読を!
https://telektlist.com/anker-powerport-atom-gan/

昨年の発表会では、「PowerPort Atom PD1」「PowerPort Atom PD2」「PowerPort Atom PD 4」の3商品が発表された。

Anker社によるPowerPort Atomシリーズ紹介動画より

今回発売した「PowerPort Atom PD 1」は一番小さいサイズとなっており、「PowerPort Atom PD2」「PowerPort Atom PD 4」に先行して発売したと思われる。

小型化に成功したPowerPort Atomシリーズ

前述の通り、GaNを使用することによって小型化に成功したわけだが、実際にはどれだけ小さいのかを他の充電器との比較写真と共に紹介する。

iPhoneに付属する充電器との比較写真

新型MacBook Airに付属する充電器(30W対応)の充電器との比較写真

驚きのサイズであるのが写真から伝わるだろうか?

iPhoneに付属する充電器より少し大きく、新型のMacbook Airに付属する充電器より小さい。

iPhoneに付属する充電器は5W、新型Macbook Airに付属する充電器は30W。“ほぼ”iPhoneに同梱する充電器と同じサイズでありながら、Macbook Airまで充電出来る性能をもっているのだ。

※記載しているMacbook Airは2018年に発売された新型のUSB Cタイプのものであり、従来のMagsafeのものではない。

Macbook Proの充電も出来る!

筆者はMacbook Pro 15インチ (Late 2016)を利用しているので、実際に充電できるかも試してみた。
ちなみに15インチのMacbook Proに付属するのは87W対応の充電器。

残念ながら、“接続済み:はい” “ワット数:30” “充電中:いいえ”と出たのである。

手元にMacbook、Macbook Air、Macbook Pro 13インチがなかったので試せなかったが、もし充電できた場合
これ一つあれば重い充電器を持ち歩く必要はなくなるのではないか。

※追記
Macbookでは充電できることが確認できたが、残念ながらMacbook Pro 13インチ(Touch Bar有り)は充電できなかった。

狙いはiPhoneユーザー?

昨年の発表会ではPD 1は最大27W対応となっていたが、発売したものは最大30WとなっておりMacbookやMacbook Airユーザーまで使えるハッピーな商品となっているが、Anker JapanのHPを見てみるとiPhone XS、 iPhone XS Max、iPhone XRや最新Android機種などの大型化したスマートフォン向けなのかなという印象を受ける。

Anker Japan社HPより

だが、互換性があることから、30Wで充電が可能となっているMacbookやMacbook Air、新型のiPad Proユーザーには向いている一品なのかもしれない。

重要なのは、iPhoneでこの商品を使用したい場合は“USB C to Lighting”のケーブルを別途購入する必要がある。

左側のケーブルがUSB C to Lightingのケーブル

現在日本ではApple社製のものしかないが、どうやらAnker社が開発を進めており、米国のAmazonでは購入可能のようだ。

Anker USAのHPより

※追記
USB-C to Lightningが日本でも発売されました。
これまでApple社製品しか無かったのに対して選択肢が増えました。

結局買いなの?

今回はAnker社の「PowerPort Atom PD 1」についてご紹介したが、実際のところこの商品は“買うべき”なのか?

良い点

・小型
・30W対応
・iPhone純正充電器の約2倍のスピードで充電可能

残念な点

・プラグの部分が折り畳めない
・iPhoneで使用する場合は別途ケーブルの購入が必要になる

以上の結果、個人的には買いだと思う。

Macbook Pro 15インチユーザーとしては60Wに対応する「PowerPort PD 2」と「PowerPort PD 4」の発売が今から楽しみである。

【撮影機材】
Canon 5D Mark IV+EF24-70mm F4L IS USM

【撮影場所】
CASE Shinjuku

お詫び

今回紹介している商品は、現在Amazon.co.jpでは「在庫切れ」となっています。
Anker社の発表では公式オンラインショップ、Amazonと同時に一部家電量販店等でも販売開始したようです。

最新の在庫情報はAnker Japan公式ページやAmazon.co.jpの商品ページをご覧ください。
Anker Japan HPはこちら
Amazon商品ページはこちら

PowerPort Atom PDの再入荷に備えて揃えたいもの

Anker社の便利グッズ紹介

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

Copyrighted Image