■この記事の対象:Logicool製マウス MX2000(初代MX Master)を使用している人
■対象のOS:Mac
■解決できる事象:BluetoothでMacでつなぎ、カーソールが飛んで使い物にならない現象

MXシリーズについて

みなさん、どんなマウスやキーボード使っていますか?
Macだとトラックパッドなんて人も多いのではと思います。

今日は、まず僕が使っているマウスを紹介させていただきます。

Logicool製の高級マウス「MX2000」です。

このマウスの何が凄いかって簡単に説明すると…

  • カスタムできるボタンが多い
  • 複数台のPCMacでもボタン一つで使い分けられる(3台まで)
  • 最強の安心感(ホールド感)

だと思っています。
ちなみにこのマウス、5個目くらいです。

なぜそんなに買ったのかって?

同じマウスをいくつも買った理由

正直、そんなに同じマウスは買いたくないです。

ただ、特に初代のMX2000に関してですが、

  • 接続に関しての安定性がない。
  • 壊れやすい

具体的には、マウスポインターが飛ぶという現象です。

マウスポインターが飛ぶ?

いったいどういうことかというと。

マウスを使っていると、急にポインターがフリーズして、

気がつくとポインターが別の場所にあるのです。

こうなると編集では使い物にならないですし、普段でもかなりイライラします。

カスタマーサポートに電話してみた

担当者「その件ですね。もしかして、最初に接続を行った時、bluetoothデバイスの追加からセットアップしました?
もしやっている場合、システム設定→マウス→Bluetootheマウスのセットアップから機器を追加してみてください。」

「なんと!」

担当者「実は公式サイトにもまだ載っていなくて、ただ違いはあるみたいです」

ということで、親切で詳しい担当者が僕の長年の悩みを一発で解決してくれました。

ちなみにすでにMX2000は使用しておらず、MxMaster 2Sを愛用しておりますが、今のところは2000ほどの症状は出てないです。

とはいえ、Bluetooth接続は2Sでも不安定なので、ここは素直に付属のUnifyingレシーバーを使っています笑

今回の記事は、MX2000でカーソールが飛ぶ現象が起きている人のためになればなと思っております。

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image