今回は、「オフィスにあったら嬉しいもの〜キッチン編〜」ということで、オフィスにあったらQOLが上がるであろう製品を羅列していこうと思います。笑

レビューでもなく、ただ欲しいよなーっていうコーナーです。

僕の独断と偏見なので、エスプレッソマシンは入っていません。
あくまでもドリップする前提のまとめです。

コーヒーミル

オフィスには必ずコーヒーが必要だと思っています。
息抜き、コーヒーの香り。。。僕にとっては大切です。

ただ、オフィスで淹れるコーヒーって、インスタントだったり保温されたものが多いですよね。

僕はコーヒーが好きで、やっぱり新鮮で美味しいコーヒーを淹れたいので
コーヒーミルは必須だと思うんですよね。

ということで、まずはコーヒーミルから。
値段順にいきますね。

30,000円前後 カリタ:ネクストG

家庭用のコーヒーミルとしては高額な部類に入ります。
こちらは僕も家で使っているカリタのミルになります。
ベストセラーだった「ナイスカットミル 」の後継機という位置付けでしょうか。

安定の一台です。

デザイン:Good
挽きの均一具合:OK
静音性:Not Bad
スピード:Slow

20,000円前後 ボンマック:コーヒーミル

こちらは使ったことはないですが、レビューを見る限り、2万円前後では良さげなミル。
ナイスカットミルやネクストGまでは出せないけれど、、、という方にいいのでは? 

10,000円前後 deviceSTYLE:コーヒーグラインダー

こちらも同様に使ったことないですが、評価はそこそこかなと思いました。
レビューに「静電気が発生して、粉が中に残る」とありますが、どのミルも一緒です。

この値段はコーヒーミルとしては、安い部類になりますので、そこまでは求めません。

ただ、「音が静か」というレビューが多くみられたので、集合住宅のようなところで使われるにはいいのかもしれませんね。

ケトル or ヤカン

コーヒーを淹れる際に大事なのは、お湯をゆっくり注ぐことです。
1杯に対して、4分ほど僕はかかります。

口の太いヤカンやケトルで淹れていると、どうしてもお湯が一気に入ります。
なので、コーヒーを美味しく淹れるには口の細いヤカンがあると便利です。

2,000円前後 ハリオ:V60ドリップケトル

コーヒードリッパー

淹れ方は人それぞれですが、僕は1杯づつ淹れるドリッパーが好きです。

マシンだと飲むときには時間が経っていて、美味しさを保ちにくいんですよね。ラクなんだけれど。
フレンチプレスは、挿れ方の問題?かどうしても粉っぽくなる。

なので、その都度淹れるドリップが一番好きです。

ただ、ドリッパーってどれ選べばいいのか分かりにくいのですが
僕はこれ一択だと感じます。

なんと言っても

  • 安い
  • 使いやすい
  • 見やすい

500円以下 ハリオ:V60ドリッパー

上記のドリッパーは円錐形で、専用のフィルターが必要になります。
オフィス用だと500枚くらいあってもいい気がします。

軽量スプーン

あると意外と便利
一杯でおよそ10gを測れるメジャースプーンです。

1,000前後 カリタ:銅製コーヒーメジャー

その他諸々

その他にも、これがあったら便利だよなーというもの。

意外とキッチン用品って何があったらいいのかわかりづらいですよね。

水切りとか。意外と忘れがち。

Amazonって雑巾も売っているんですね笑

あと、掃除をしない人多すぎますが、Dysonによると…

ヒトの皮膚は数週間でおよそ25~28g剥がれ落ち、ダニはそれをエサとして1日に約20回分をします

と言っています。

僕は以前、Dysonの販売をしていたので、わかりますが、ゴミをとる能力はやはりDysonが圧倒的。
空気清浄機をかけるより室内環境の向上面では効果あると思います。

ただ、高いのがネックですが、旧モデルならそこまで高くありません

ちなみにダイソンを選ぶときは…

  • fluffy=柔らかい、ブラシレス
  • ダイレクトドライブクリーナーヘッド=モーターパワーがより強い、硬いブラシ

となっており、

  • fluffy=フローリングや畳
  • ダイレクトドライブクリーナヘッド=絨毯

を選ぶといいかと思います。
基本的には、下記リンクのfluffyでいいかと思います。

fluffyの特徴として、硬いブラシがないので、髪の毛が引っかかりにくいという点がとても好きです。
大きいゴミもスイスイ吸い取ってくれます。

下記は数年前のV7(原稿はV11かな?)です。

そのほかにも、、、
僕は2016年のMacBook Proを使っているため、USB-CからHDMIの出力に不具合があります。

具体的な不具合とし「画面のチラつき」になります。

それをUSB-C – DisplayPortのケーブルを使用することで、「画面のチラつき」を防ぐことができます(理由は不明)

ケーブルついでに僕が欲しいディスプレイを。

今、自分の家で使っているモニターがBenQでコストパフォーマンスはいいかと思います。
店頭にはあまりおいてなく実機を見る機会は少ないが残念です。

ちなみにディスプレイアームは安いので十分です。

 

以上、「オフィスにあったら嬉しいもの〜コーヒー編〜」でした!

 

(掃除機まで入れてしまいましたが笑)

 

 

この記事がええと思ったら
いいね!してくれたらめっちゃ嬉しい

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image